« 정기점검 제2부 | トップページ | 継続は力なり »

予習・復習忘れずに

半年振りに、中国語会話の教室へ。

今参加してるクラスは「聞く」「話す」がメインで、予習は必須にもかかわらず、準備ゼロで挑んだチャレンジャーな私でちゅ。

休んでいる間にテキストもかなり進んでいて、知らない単語もいっぱいでかなり焦る。しかも、テキストの問題文を見ても意味がわからないナリ・・・(苦笑)。なのに、座った位置が悪くて最初の問題から、あたってしまった。

老師「じゃ、○○(私)さん」

私「・・・たぶん抽烟

(c h o u y a n
=タバコを吸う)かな~」

老師「あたりですが、もうひとつ答えがあります」

私「・・・先生。実は問題の意味がわかりません・・・」

老師「 ・・・ 」

「短い文章をよく聞いて、その文章を復唱し、日本語に訳す。そして、テキストに書かれている3つの単語から関係のある単語(1つか2つ)を選ぶ」という問題だったみたい。

なんとなく雰囲気で答えはわかるんだけど、聞き取った文章が聞いたそばから抜けてくので、日本語に訳せない・・・。老師も周りの人も「まあ、久しぶりだから仕方がないか~」と思ってくれたみたいでちゅが、単語の意味が出てこなくて、その後も悪戦苦闘は続く。

我的女儿在高中教英語、她的丈夫是司机
(私の娘は高校で英語を教えています、彼女の夫は運転手です)

英語(yingyu)なのに、音楽(yinyue)と答えてしまい、老師に「"yingyu"の意味は?」ときかれ「なら病院(yiyuan)かも~」と答える私。

さすがに意味的におかしいので英語だと気づき、続けて「彼女の夫は数字だから・・・数学を教えています」と訳すと老師の目に影が・・・。数字(shuzi)ではなく、司机(sizi)だった見たい・・・。

年度末で欠席される方も多く、いつもより多めにあたってしまい、その度ごとに自爆し続けるはめに。

一方、同じクラスのA氏は私よりも語彙も豊富で、実力も上なのに給(gei)の使い方で悪戦苦闘。前半は私の欠落した単語力でご迷惑をおかけし、後半は給を使った会話練習が中心だったが、それは問題なくこなせてちょっと安心。

気のせいか、自分があたった問題は答えに自信がなかったりするのに、他人が当たった問題ってよく理解できて簡単な気がするのは私だけだろうか・・・。

|

« 정기점검 제2부 | トップページ | 継続は力なり »

近頃のわたし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61926/9129297

この記事へのトラックバック一覧です: 予習・復習忘れずに:

« 정기점검 제2부 | トップページ | 継続は力なり »