« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

合掌(-人-)

購入したものの、1ヶ月以上も放置プレイだったNEWパソコン。ようやく重い腰をあげて使えるように設定している途中、ちょっとトイレに行って目を放した隙に息を引き取てしまいまちた…。生後1時間24分、短い人生でちた・・・。お悔やみ申し上げまちゅ・・・。

最初はスリープに入ったのかと思ったんだけどピクリともしなくて、いろいろ確認したらHDを認識しなくなっていて、DELLサポートに助けてー!救急よー!進藤先生@江口洋介を呼んでくれー!と電話をかけてみまちたが、電話サポートのお兄さんからは悲しい「ご臨終」の宣告が・・・。検死のためDELLに戻され、かわりのマシンが届く予定でちゅがそのマシンでBIDDERSまとめてau支払いのクライアント認証を受ける予定だったので、早くかわりを届けてプリーズ。

〔送料無料キャンペーン中〕1%の奇跡DVD-BOX I-DVD-そういえば、先週末からHTBで1%の奇跡の放送が始まったんだけど、吹き替えのへたさといったら、近年まれに見るひどさ・・・。ドラマの魅力が半減どころか9割減って感じで涙が・・・。まだ見てない方はテレビじゃなくて、こっちで見てちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪傑春香

今週、視聴中の韓国ドラマのうち「頑張れ!クムスン(再放送)」と「怪傑春香」がそろって最終回をむかえまちゅ。

実はネット視聴で結末もわかってしまったんだけど、クムスンなんて半年以上ほぼ毎日見てるので既に生活の一部になってるし、チュニャン(春香)は今一番夢中になってみてるのに、一度に2つの楽しみを失ったら、来週から何を楽しみに生活していけばいいのでせう・・・(T△T)。

これが廃人状態ってやつでせうか?

茶母チェオクでは廃人にならなかったけど・・・(苦笑)。NHKもクッキなんて放送しないで、朝ドラ枠でクムスンをぜひ放送していただきたい!絶対、韓ドラなんて興味のない人にも受け入れられる話だと思うんだけどな~。

んで、怪傑春香ですがハン・チェヨンとジェヒという、たぶん韓国でも期待なんてされていなかっただろうな~というコンビが意外とやってくれまちゅ。最初は高校生時代の話なので、2人が制服着て出てきたときは「韓国って俳優に何歳まで制服着させるんだ~」と思ったけど、冬のソナタにくらべればぜんぜんOK。

010005041_L

怪傑春香】古典である‘春香伝’を今風にアレンジした2005年度バージョンの‘怪傑春香’は、イ・モンリョンがソウルからナムウォンのとある高校に転校して来たところからはじまる。
チュニャンは、ナムウォン警察署長の息子で彼女の初恋の相手でもあるイ・モンリョンに勉強を教え名門大学に合格させるが、モンリョンは初恋の女性チェリンとの再会によって気持ちが揺らぎはじめる。イ・モンリョンだけを一途に愛するチュニャンの前には、有名な芸能企画社の代表を務めるピョン・ハクトが現れる。
これまで出会った全ての女性の心をつかんできたピョン・ハクトは、イ・モンリョンに対するチュニャンのひたむきな思いのために自分のプライドを傷つけられ、どうやってでも彼女の心を自分のものにしようとするが・・・。

ハン・チェヨンって、以前レイチェル・ハンって名前でホリプロに所属してタッキーとマシェリのCMに出てた子でちゅ。

macherie

ドラマ登場人物の中では、特にチュニャンのよき理解者でもあるモンリョンアボジが私の一番のお気に入り。

010005348_L

チュニャンに「ほうり投げたりんごを刀で切れるか?」といわれて必至に練習したり、モンリョンがフランスから買い戻してくれた刀を喜びつつも、刀よりもっと取り戻したいものがあるんだ・・・といってくれたアボジ。ハクトの仕業でモンリョンがつかまり、容疑者である息子を逃がしたからといって警察を去るシーンは泣けまちた・・・。私、モンリョンよりアボジが好きかも・・・(笑)。

それにしても、いつもチュニャンに苦労をかけていたくせに、ある日突然姿を消し、その後もまったく話にも出なくなったチュニャンオンマはどうしたんだろう?

韓国テレビドラマサントラ「怪傑春香」韓国オリジナル版OST
韓国テレビドラマサントラ「怪傑春香」韓国オリジナル版OST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の海老

最近流行の「天使の海老」。

お刺身でもいけるほどの鮮度で安全かつ高品質なニューカレドニア産のエビで、なんでもフランス政府公認の世界一の品質らしい。

最初はいつも使ってる某ネットショップからお取り寄せしようと思ったんだけど、

「そーだ!うちは水産会社じゃーん!」

と思いなおし、問屋さんから山盛り天使のエビを仕入れ、試食してみることに。

ボイル、ワイン蒸し、フライ、グリル等々いろいろ試してみまちたが、「頭尾付まるごとフライ+タルタルソース添え」が一番おいしいかも・・・。

殻も柔らかいので頭からガブッとかぶりつけるし、頭には味噌たっぷりで、身はプリップリッで口に入れればまさに「天国気分」の幸せでちゅ。加熱してちょっと塩味をつけるとエビの甘さがましておいしさグーンとアップ!

でもフライって揚げるのが面倒だし、毎日食べるとカロリーアップ、体重アップになってしまうので、エビのワイン蒸し+スイートチリソースでがまんするでしゅ(はあと)。

0602041

0602042

天使のエビが食べたい人はここで買えまちゅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »